赤ちゃんの肌がかさかさ

息子のカサカサ肌トラブル

私の息子は生後1か月で肌トラブルになり、肌がカサカサになりました。

 

顔や首、背中や頭皮までカサカサになって、皮膚科に行きました。

 

診断は脂漏性湿疹。

 

家庭での対処法は、オリーブオイルでふやかすんです。

 

低月齢では、再発も起こすみたいなので、皮膚科に相談して、しっかりとした対策をする方がいいでしょう。

 

ステロイドも弱いものを短期間なら、まだ安心でしょう。

 

息子の場合は1回で頭皮もキレイに治りました。

 

生後2〜3か月はホルモンの影響で、皮脂が過剰に分泌される時期なので、皮脂過剰で脂漏性湿疹が起きるのだそうです。

 

生え際、眉、頭皮などにクリーム色のかさぶたやフケみたいのができます。

 

痒みは感じないようですから、肌を清潔にしてあげれば自然治癒するものだそうですので、赤ちゃんの症状からも判断できそうです。

 

赤ちゃんの頭皮がカサカサの肌トラブルになったら、

◆シャンプーで優しく洗う
◆ガーゼで眉毛をそっと洗う
◆頭皮湿疹は、クシにガーゼをかぶせ、頭皮のかさぶたをそーっとはがすように髪をとかす。
◆オリーブ油でふやかして、ベビー石鹸で洗いキレイに流す。

 

あくまで、そっと、優しいお手入れをしてあげてくださいね。

カサカサ肌のお手入れ方法は?

赤ちゃんのお肌は、発達がまだ未熟で、十分に水分を保つことができません。

 

皮膚の角質層の水分は、気温や湿度の影響を受けます。

 

ムシムシする夏より冬の方がカサカサ肌になりやすいです。

 

ほっぺも赤くなりやすいのです。

 

生後3か月ごろになると、皮膚の皮脂が減ってきます。

 

この頃に急に状態が変化するので、お母さんの中には、「アトピー性皮膚炎」やアレルギーじゃないかと心配される方もいます。

 

酷い痒みがなく、赤ちゃんはご機嫌がよく、掻き傷がなければ、自然現象なので放っておいても大丈夫なのです。

 

保湿剤やスキンケア用品に手を出して何とかしようとしても、お金もかかるし、逆に化粧品によるかぶれのような接触皮膚炎になる危険性もあります。

 

むやみに小児科にいくと、風邪ウイルスをもらってしまうかも。

 

顔がみんな違うように、赤ちゃんもみんな肌の状態は違うのです。

 

他の赤ちゃんと肌触りが違うとか、見た目が違うとかで比べるのはやめたほうがいいです。

 

この心構えを作ることが乾燥肌対策の最大のポイントです。

 

乾燥もしているし、赤くザラザラして盛り上がっている、掻きむしった傷があり、ジクジクしている、なんていう状態があるなら、すぐお医者様に相談してください。

 

カサカサ肌であろうと、赤くなっていても、かゆみが無いなら気にしない、この心構えが大事なんです。