赤ちゃんの肌がかさかさ

ほっぺがザラザラ赤ちゃんの保湿対策

赤ちゃんのお肌が乾燥して、ザラザラほっぺや赤くなってませんか?

 

大人のクリームや乳液で保湿するのは、ちょっと待った。

 

成分次第では、保湿どころか赤ちゃんの肌トラブルを引き起こす原因になるかも。

 

 

ママの基礎化粧品の保湿成分

ママのクリームには保湿以外にもハリや美白なんかの成分が入っていますよね。

 

ママの乾燥肌なら、一晩寝れば朝にはもちもち肌になります。

 

クリームなのにさらっとベタつかないとか。

 

でも赤ちゃんにこれらのクリームを塗るのは考え物です。

 

だって、ほとんど合成界面活性剤をたっぷり配合しているから。

赤ちゃんの肌を破壊!?

潤いを与える成分が入ったクリームや乳液って、みんな使ってますよね。

 

赤ちゃんの肌も乾燥しているから、これを使えばプルプルお肌になりそうな気がします。

 

でも、大人用のこのクリームは、合成界面活性剤で、お肌のバリア機能を突き破って肌の中に水を入れ込み、最後は合成ポリマーでふたをするんです。

 

この効果でお肌をツルツルになったように見せかける、つまり、お肌を壊しているのです。

 

確かに一時的にはお肌にハリが出る(角質層が水ぶくれになるから)し、潤ったような感触が得られます(合成ポリマーでふたをされているから)。

 

でも、10日間も使わない状態を作ると、顔はカサカサ・シワシワになっていきます。

 

その理由は、10日間かかって、肌に侵入した合成界面活性剤と肌表面の合成ポリマーが完全に無くなるからなのです。