赤ちゃんの肌がかさかさ

赤ちゃんの肌をカサカサから守ろう

寒い季節がやってきました。

 

赤ちゃんはお肌がツヤツヤだから乾燥なんてない、なんて考えているお母さんはいないでしょうね。

 

赤ちゃんの肌はカサカサしやすくて、デリケートで刺激に弱いんです。

 

赤ちゃんのお肌をきちんとスキンケアしてあげて、ちゃんと生活させてあげられる知識を身につけましょう。

 

そしてカサカサ・カユカユから守ってあげましょう。

 

冬は大人でも肌が乾燥しやすい季節。

 

赤ちゃんだって肌水分を保持しにくくなり、肌トラブルが起こりやすくなります。

 

人間の皮膚は、バリア機能があって、細菌やウイルス、アレルゲンなど有害なものを遠避けることができます。

 

バリアは皮膚の一番外側の「角層」が主役。

 

そんな主役が弱くなると保護する機能が低下して、肌の水分が外に出て行ってしまいます。

 

水分が十分に保水されていないと隙間から有害物質が入り込んで、肌トラブルになります。

 

大人でもこのようにカサカサ肌は弱いのに、皮膚のバリア機能がまだまだ未熟な赤ちゃんは、刺激や摩擦にとても弱く傷つきやすいのです。

 

正しいスキンケア方法を知り、赤ちゃんの肌をカサカサから守ってあげてください。

 

乾燥シーズンにやるべし!赤ちゃんの乾燥対策

赤ちゃんのすべすべした肌。

 

でも、すのすべすべ肌は、意外に乾燥しやすいんです。

 

秋から冬にかけて特に乾燥する季節になります。

 

肌バリアも弱るこの季節に赤ちゃんの肌を守るため、正しい乾燥対策をご紹介しましょう。

 

赤ちゃんは、ママより乾燥肌。

赤ちゃん肌は、プルプルの肌に見えますよね。

 

でも、3か月を超えた赤ちゃんは、皮脂が大人の半分以下の量しかないんです。

 

角質だって2/3しか水分量が無い。

 

さらにはまだ肌が十分な発達をしていないのでバリア機能が弱く水分の蒸発が十分には防げない。

 

だから、肌が乾燥して外から刺激を受けやすい敏感な肌になります。

 

赤ちゃんの肌を健全に守ってあげるには、大人以上に少ない皮脂を補い、角質の水分を逃がさないようなお手入れを、早く始めてあげることです。

 

 

赤ちゃんの肌には赤ちゃん用のデリケートなスキンケア

赤ちゃんの肌は乾燥しやすいから、保湿ケアが必要。

 

保湿ケアも低刺激の赤ちゃん用のものがいいのです。

 

赤ちゃんは子宮の中で無菌に保たれています。

 

低温&低圧&暗くて外からの刺激もない、そんな安全な世界から出てきたばかりのお肌はデリケートこの上ないのです。

 

皮膚の厚さは大人の1/2、免疫システムやメラニンなどの外的刺激から守る仕組みだって、まだまだ未熟。

 

それと赤ちゃんは体重に対して皮膚面積が、なんと大人の約5倍もあるんです。

 

それだけでも、皮膚に外部刺激がかかります。

 

ですから、できるだけ刺激の少ないスキンケアを選びましょう。

 

 

優しく洗い、しっかり保湿、オイルでカサカサから守る

赤ちゃんの乾燥肌対策は、基本的にはお母さんと同じです。

 

低刺激の洗浄剤で皮脂を必要以上に落とさないようして優しく汚れを落とす。

 

そして、お肌が乾燥しないうちにローションやクリームで水分と脂分を補う。

 

乾燥しがちな部分や外に出ている部分は、クリームやオイルを肌の状態を見ながらさらに追加して、保護をしっかりしてあげましょう。

 

冬には保湿効果の高いものがお勧めです。

 

 

注意すべきはカサカサ肌

乾燥が続くと、肌は痒みと赤い湿疹が出ます。

 

放置してしまうと、掻きむしって悪化させることもあります。

 

できてしまったときに、清潔にしようとゴシゴシ洗ってしまうのは逆効果。

 

必要な皮脂を失わないように優しくそっと洗い、そしてしっかり保湿を心がけましょう。

 

病院に行けば塗り薬がもらえますので、医師と相談しながら保湿ケアも行ってください。