赤ちゃんの肌がかさかさ

赤ちゃんのお肌が「カサカサ」になった時のチェックポイント!

生まれてすぐの赤ちゃんについて「手足がカサカサ」「脱皮してるみたい」なんてことはよくあることです。

 

赤ちゃんは1日20g平均で育っているのですから、脱皮していても不思議はないくらい。

 

その時には、特にケアは必要ないです。

 

それでも心配になる人もいるかもしれませんね。

 

その時には「保湿剤」を使いましょう。

 

ママの乳首がトラブルになった時のための保湿剤で赤ちゃんも使えるものがあります。

 

市販品にもたくさんあります。

 

でも、必ず薬剤師さんに相談した方がいいですよ。

 

それでも心配なら、小児科や皮膚科の先生に相談するのもいいでしょう。

 

その時は、病気で来てる他のお子さんの病気が移らないように気をつけてあげてください。

 

保湿剤を使う時には次のことをチェックしてください。

 

肌トラブルの有無

湿疹やシワ部分とかお尻が赤い、ジクジクしている、頭や眉毛にフケみたいなものが、なんてときには

 

・余計なものは付けない
・刺激を減らしてキレイに石鹸で洗う
・しっかり乾かす
・服や部屋の気温を涼しくしてみる

 

をしてから状態を見極めましょう。
たかが「保湿剤」ですが、小児科や皮膚科、薬剤師さんに相談した方が安心かも。

 

 

初めて買う時は少量から

「低刺激」「赤ちゃん用」「アトピー用」なんて書いてあるものでも、使ってみるまであなたの赤ちゃんに合うかどうかは、判断がつきません。

 

なので、いきなり「お徳用」の大ボトルを買わないで(お母さんが使うならいいですが)。

 

香料などの配合が少量なら、ママ用の「乳液」「クリーム」でも使えるときもありますよ。

 

 

初めて使う時はパッチテスト

「低刺激」「赤ちゃん用」「アトピー用」なんて書いてあっても、これも合うかどうかわかりません。
赤ちゃんの腕の一部分に少量だけをつけてみて、1日様子を見てください。

 

そして、変化がなければ「体」に、それも大丈夫なら「顔」に、と順番に広げていくのが安心ですよ。

 

 

沐浴の後が効果的

赤ちゃんの汚れは、沐浴時の石鹸で落とせます。
でも、同時にお肌を保護する皮脂も落ちます。

 

もちろん、時間がたてば皮脂は出ますが、お肌のカサカサを心配するなら、沐浴後に保湿をしましょう。
でも「しわ」部分はしっかり乾いてから、保湿剤を付けないとトラブルの元になります。

 

 

水分はしっかり乾かす

沐浴の後に、風邪をひくからとすぐオムツや服を着せてないですか?

 

しっかり水分をとって、特に「しわ」(首、わきの下、股関節、肛門周囲、おちんちんの裏など)はしっかり乾かすことが、お肌の抵抗力アップに必要なことなんです。

 

保湿剤も同じこと。

 

しっかり乾かしてからつけることで保湿効果もアップします。

 

 

効果が無いならすぐやめる

3日間続けて、結果が良くならない、悪くなるなら、すぐやめましょう。
ただの「カサカサ」でなく「トラブル」かもしれません。

 

湿疹や保湿剤にかぶれているのかも。
保湿剤はやめて、基本の優しくしっかり洗って乾かす、からやり直して様子を見るようにした方がいいかも。