赤ちゃんの肌がかさかさ

部分別のこだわり保湿

私が子供向けに行っている保湿方法は、最初にリキッドタイプのローションを全身に、次に乳液タイプのローションかクリームやオイルで蓋をする方法。

 

ま、いわゆる大人の保湿と変わりません。

 

バシャバシャに使いたくなるローションは、たっぷり使えるようにピジョンなどのリーズナブルなものに。

 

その後使うのは、erbavidaのベビーローションでテクスチャーは乳液。

 

シアバターが入っていて、しっとりとした保湿効果が高いです。

 

それにローションという名前の通り、伸びがいい。

 

皮膚科の先生によると、こまめな保湿がいいそうなので、リビングやベッドルームなど手を伸ばしやすいところに常備。

 

乾燥が気になったらすぐプッシュして塗り塗りします。

 

付けた後にはもっちりたまご肌です♪

 

ボディは、同じブランドの保湿クリームを朝と入浴後の2回使います。

 

クリームは、さすがにローションよりもしっかりリッチなので、潤い効果をさらに実感できます。

 

香りもラベンダーやカモミールで、塗っている母も一緒に癒されます。

親子で使える万能オイル

最近見つけて、ちょっとはまってしまったのは、SABONで見つけたMom&BabyCareシリーズのオイル。

 

乾燥が特に気になった時に、前述のクリームを塗ってから、保護の仕上げに使います。

 

オイルなんだけど、テクスチャーがとても軽くて伸びがいいんです。

 

そして、子どもの肌にも安心なので気軽に使える。

 

香りがベビーパウダーのような優しい香りで、このオイルで息子の体をマッサージしていると、塗られている息子より私の方がリラックス。

 

それもお気に入りの一押しポイント。

 

ボトルのデザインも、SABONのギフトボックスもとても可愛いから、同じく子育て中の友人への内祝いで喜んでもらえました。

 

ただ、商品が少なくて欠品が多いし、取り置きとか他の店から取り寄せられないから、手に入れるときにちょっと苦労します)